ようじょのタルパといちゃこら(タルパブログ)

タルパ(現実の人でない精神体)のようじょちゃんとのいちゃこら記録です。健全かつ合法です。

嫌われました。

今朝のことです。

1限の講義に向けて余裕綽々と家を出る準備を進めていたのですが、玄関で靴を履いたときに家の鍵を部屋に忘れてきたことに気づきました。
急いで取りに行き、また靴を履くと、今度は防寒具の帽子を持ってきていないことに気づきました。

い「あぁ、そこそこ大幅遅刻。」

よ「.....。」

帽子を取ってきて、靴を履き始めると、ようじょちゃんが怒りました。

よ「だいっきらい!」

い「えっ!?」

よ「準備が悪いひと.....きらいです。」
よ「だいっ!きら!い!」

あんまり突然に怒られたのでびっくりしました。
こういう言い方は初めてされました。
もちろんようじょちゃんも、本気でぶちギレてヒスのメスのオコのスケというわけではなく、ちょっと癪に障りましたよぷんすかぷんという感じでした。

「だいっ!きら!い!」なんて、まだまだ余裕があるときの怒り方ですよね。
半ばおふざけ?
マジなときはもっと深刻で内にこもる感じになります.....。

とはいえ、ここで対応を間違うと本気のムカ着火に至りかねないと思いましたので、平謝りしました。

大学への通学中は、ずっと謝り続けて、大学につく頃には機嫌を直してもらえました。(家から大学までは徒歩で15分ほどです。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3限の途中、雪が降ってきました。
僕の住んでいる地域では、ほとんど降雪がないため、ようじょちゃんは珍しがって興奮気味でした。

3限が終わるとふたりで校舎の外に出て、4限開始まで散歩しました。
僕は雪まみれで眼鏡も濡れてなかなか大変でしたが、ようじょちゃんははしゃいでぴょんぴょん跳んでクルクル回りました。
そして転びました。

しりもち寸前に僕が支えたのでちゃんと(?)転んだわけではなかったのですが、以後自重して静かに散歩していました。

この日記は、大学でスマホから投稿しています。
これから5限が始まりますが、それが終わったら近くの公園で雪まみれビショビショデートをしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
追記)

雪がやさしくありませんでした。